西向きと遮光

2019年10月30日

こんばんは(*‘∀‘)ノシ

明日は1日雨予報の関東地方。
私が住む地域も既に雨が降り始めています。
明日の昼には秋雨前線を刺激しながら台風20号が関東地方へ。
温帯低気圧に変わろうとしているという報道もありますが、少し風も出てきています。

今日の話は、私が多肉を育てている、自宅のベランダ環境について。
本日の最高気温は20.7℃でした。

チワワエンシス

私が多肉を育てているベランダは西向きです。
ほぼ真西を向いています。
植物の生育環境として西日が当たる場所はあまり良い環境だとは言われません。

日光は昼頃から日没まで当たります。
多肉の育て方でよく遮光の話などが出ますが、
真夏には40℃近くまで気温が当たるような日でも遮光していません(>_<)
(遮光ネットを張る場所がないため)

ハオルチア・雫石
故郷の地名が入っている苗をついつい買ってしまったり(笑)

遮光ネットは張ることが出来ないのですが、
直射日光が苦手な種類や実生、葉挿しなどの小さな苗は、棚の奥の方に入れるなど、
ごく短時間しか日光が当たらない場所に移動させています。
親株や粉をまとっている多肉(ラウィやラウリンゼなど日光に強いもの)はわざと日光が沢山当たる場所に置きっぱなしです。
ラックの最も高い場所が実生苗の育成に1番向いているようで、ここに実生苗を置くととても生育がいいです(*‘∀‘)

ハルビンゲリ・サンホアキン

今年は梅雨時期の長雨から突然晴れた影響などで、日光不足の多肉が葉焼けしてしまったり、
直射日光を浴びたことで突然枯れてしまう小さな苗も結構ありました。
遮光出来る環境にある場合は、高価な苗や小さな葉挿しなどは少し遮光してあげると安心だと思います(*^^*)

優木園さんの
ヒアリナ・アウアルルコ

今日は来年度花を咲かせて欲しい親株の植え替えなどをしました。
サンホアキンもアウアルルコも
交配は出来なくても花粉を採取出来たらいいなぁ(希望)

ピンクシャンペーン

最後にいい感じのピンクシャンペーンを(*’ω’*)
明日は雨も風も強くなりませんように(>_<)