紅葉チワワと2020実生苗の今

こんばんは(*^▽^*)
今日のベランダの最低気温は測定し忘れ。
予想最高気温10℃、予想最低気温0℃(Yahoo!天気より)

昨日の雪や雨が嘘みたいに良い天気になりました。
午前中は強い風が吹いたのですけど、午後になると次第に弱まりました。
晴れてはいるけれどここ最近の春のような暖かさと比較すると肌寒くて、今日はほとんど多肉事ができず…
トレーからトレーに多肉を移動したり、ベランダを片付けたりしました。
水をあげたい苗もちらほら目についたけれど、明日の最低気温が−3℃だと再確認して、水を与えるのを諦めました。

なかなか花芽をつけてくれない、期待のチワワエンシスです。
淡いピンク色に色付いてくれました(*^▽^*)

チワワエンシスも原種でありながら、少しずつ顔や特徴に違いがある種類です。
生産者さんによって、取り扱っているチワワエンシスの種類も差があるように思っています。
上の写真のチワワエンシスはいとうぐりーんさんから購入したものです。
チワワエンシスは成長点が家出する(成長点がなくなってしまう)ことがよくあるんですけど、いとうぐりーんさんのは比較的なくなりにくいと思います(と、言っておきながら現在成長点が家出中です)。
マメに植え替えてあげても2号鉢サイズ以上には大きくならないようです。子吹きもしにくく、そのままの状態ではなかなか増えにくいんですけど、葉挿しは簡単に出来ます。
いとうぐりーんさんの苗は大好きで、このチワワエンシス以外にも色々と集めています(*^▽^*)
左下は五反田のビッグバザールに参加した時に購入したものです。
生産者さんは誰なのか分かってないんですけど、とっても綺麗な色のチワワエンシスだったので購入しました。購入した当時は双頭苗だったものを割って単頭にしました。
この苗も2号サイズから大きくなりません。
右下はおらいさんから購入したものです。
これは成長点がとにかく家出しやすいです。
双頭苗なので単頭にしたいんですけど、確か前回単頭にして育てた際、すぐ成長点が家出してしまって、結局双頭苗になって落ち着きました。これを割って植えたら、また分頭するのではないかと思ってできないでいます(*^▽^*)

昨年の秋に蒔いたケーレスの種子の実生苗です。

なかなか広げてあげる場所がなくて小さいままなんですけど、真冬の植え替えにも関わらず、根がついて大きくなってきたようです。
ここに植えてあるのは、ギガンティアやサブリギダなどなどの大型種が多いです。
そして…

昨年、とある方の種子のプレゼント企画に応募して、見事に外れたんですけど、
その方から参加賞という名目で、種子を送っていただきました!
秋蒔きは苦手意識があって、昨年はドキドキしながらのチャレンジになりました。
送っていただいた種も蒔き、なんとか無事にここまで大きくなりました(*^▽^*)
もう少し室内の暖かい環境で育ててあげたら…
もしくはハウスなどで育ててあげたら…
きっともっと大きくなってくれたんじゃないかなと思うんですけど、今はこれが限界のようです(*^▽^*)
この種類は大きくなるととっても可愛くなるようです!
4つとも無事に大きくなって欲しいです(*^▽^*)