実生苗の腰水を辞めるタイミング

こんばんは(*^▽^*)
今日のベランダの最高気温23.6℃(9:21)最低気温20.7℃(1:22)
予想最高気温27℃、予想最低気温19℃(weather newsより)

今日の多肉事は水やりだけしました。

同じトレーで、同じ土に植えられている多肉ちゃんでも、土が乾くタイミングや、水を欲しがるタイミングって同じではないんですよね。
このトレーは四隅に小さな段差があって、若干乾きやすいのですが、それとはまた違う理由がありそうです(*^▽^*)

本日の話題は実生苗の腰水を辞めるタイミングについて。
最初、エケベリアの種を植えてから小さな芽が出てくるまでは常に水を切らさないようにしているんですが、その後どのタイミングで水を切らしても平気なのか、実生を育て始めた頃って気になりますよね。
私が実生苗の腰水を辞めているタイミングですが、最初の植え替えをして、苗が定着し始めた頃です(*^▽^*)
このトレーは既に腰水を辞めていて、基本的に土が乾いた状態です。
大きな株よりも葉の中に水を貯めていられないので、大きな株よりは水をあげるサイクルは短いです。

最後は交配種たちの紹介です(*^▽^*)

紫色のタグが2018年の実生苗、ピンク色のタグが2019年の実生苗です。
たまに違うものも混じっているんですが、2020年は黄色にしようと思っています( ^ω^ )
お世話の仕方と本人のやる気次第で、大きくなるスピードが全然違うようです(*^▽^*)
2019年のものでも既に2018年に種をまいたものよりも大きなものもあります。

明日の予想最高気温は32℃(><)
昨日、今日の涼しさとは打って変わってとびきり暑くなるようですね。゚(゚´ω`゚)゚。
熱中症に気をつけて、楽しい多肉ライフを送りましょう(*^▽^*)