寄せ植えを綺麗に維持するのって難しいよね!?

こんばんは(*^▽^*)
今日のベランダの最高気温25.1℃(10:38)、最低気温23.1℃(15:33)
予想最高気温25℃、予想最低気温22℃(Yahoo!天気予報より)

当地は朝からずーっと雨が降っていました。
途中、周りのマンションが見えなくなるくらい強く降り、霧がかかったように真っ白に。
雷も鳴り、あまりの雨に、市内のダムも放流したようです。

先日、家にあるありあまりの多肉ちゃんで作成した寄せ植えでしたが、今も元気にしています(*^▽^*)
オパリナ、ピンクエッジ、白雪姫、ルンヨニーサンカルロス辺りが今の時期は見栄えをよくしてくれています。

寄せ植えを作るまでは簡単なんですが、これを綺麗に維持するのはかなりのテクニックがいると思っています。
私は普段多肉をそれぞれ同じような種類に分けて育てているんですが、水が必要になるタイミングはそれぞれの種類によって違います。
セダムやセネシオは比較的お水を必要とするし、エケベリアでも薄葉系はお水が欲しいけど、厚い葉の多肉ちゃんは徒長の原因になったり、水をあげすぎると死んでしまったり…
寄せ植えやリースを綺麗に維持している人は一体どうやってるんだろう?ってよく考えます(・Д・)
昨年作ったリースのセダムをことごとく枯らしました…

生き残っているセダムはマジョールとパープルヘイズのみになりました…
上手にセダムを残している人は、もしかしたら、セダムは時々お手入れしながら挿してるのかも?
いやいや、きっと絶妙なバランスで水やりをしているに違いない。
ずっと雨が降っていることもあり、寄せ植えは水やりをしていません。

昨日はにほんブログ村のランキングバナーにポチッとしていただき、ありがとうございました!
他の人と比べると、ポチッとボタン部分が足りないんですが、これでも大丈夫みたいです(*^▽^*)
ポチッと応援よろしくお願いします(*^▽^*)
↓ ↓ ↓


にほんブログ村