環境の違い?

こんばんは(*^▽^*)
2021年12月23日(木)
予想最高気温12℃、予想最低気温1℃(Yahoo!天気より)

週末から来週頭にかけて、最低気温に−5℃予報が出てきているこゆき地方…
昨日冬至を迎えて、やっとこれから日が長くなるんだなぁなんて思っていた矢先。
大寒までまだまだあるというのに、−5℃って…
また直前で−3℃予報くらいまで戻ってくれていたらいいなと思っています。
(私の家では−3℃までは凍らないで済みます)

今日は同じところで育てている、錦玉園さんのホーリーコロラータがちょっと違う色をしていたので紹介していきます。
大体同じ日に水をあげて、大体同じ時期に植え替えてお世話をしてきたホーリーコロラータです。
置き場所も大体同じ所なのに、何故かこんなにも葉幅が違うんですよね。

ちなみに同じ親株を胴切りで増やしたものになるので、4つとも全てクローンです。
肥料をあげるタイミング、水をあげるタイミングも大体同じなので、何故このような差があるのか不思議です。
特にこの画像の左側は葉が細く、長くなっています。
クローンなのでいずれは他の3つと同じように葉幅が広くなってくれるだろうと思ってるんですけど、こうして差が出来るのは興味深いですよね。
普段実生苗を育てていて、完全に特徴が出る前に販売しているものがほとんどなんですけど、環境の違いで葉幅や紅葉にこんな風に差が出来るとなると、普段の管理でコントロール出来るようになれば、その時の流行に合わせて色や葉幅を自在に操ることも可能なのかなと考えたりします。

この画像の右側は夏の終わりに調子を崩してしまい、1度根が完全になくなってしまいました。
しばらく土から抜いて乾かした後、プレステラ90に植え替えると一気に大きくなりました。
上の画像の右側の写真はよく紅葉していますが、つい最近も液肥を与えたばかりです。
4つとも今日撮影したものなんですけど、葉の染まり具合にも差があります。

今週末に寒波がきてしまうので、これから植え替えるかどうか、ちょっと考えています。