保険株の重要性

こんばんは(^▽^)
2022年4月2日(土)
予想最高気温12℃、予想最低気温0℃(Yahoo!天気より)
4月だというのにとても寒くなりましたね。
今日も花曇りだった小雪地方ですが、日光がある時間帯でも寒く感じました。
最低気温が0℃だったなんて!
そりゃ…寒かったよね…と今になって思っています。

少し暑い日が続いた3月上旬のこと。
なんかおかしいなぁと思いながら成長を見守っていたチワワエンシスの下葉が数枚落ち、
葉の付け根が少し黒くなっているような嫌な感じがしたので抜いてみると茎からダメになっていました。

茎から全て葉を取り、葉挿しにして殺菌剤を散布することに。
今年もまた葉挿しを沢山増やしてしまいました(笑)
こんな時、保険株があると悲しまなくていいよ!
家に保険株がない場合は葉挿しにチャレンジしましょう!!

という保険株の勧めをして今回は終了しようと思っていたんですけど、
少し疑問に思っていることもあるのでそれもブログに書き留めていきたいと思います。
さて、今回チワワエンシスの根と茎が死んでしまったのですが、これは根腐れや蒸れが原因なのでしょうか。

自分自身のブログでも蒸れや根腐れについて今まで何度も書いてきました。
現在もそれを少しでも防ぐために、スリット入りのプレステラや素焼き鉢などの空気を通しやすい鉢を使用して育てています。
それでも育てているうちに、凄く発育のいいポリポットの苗や、根張りの悪いスリット鉢に植えた多肉とも出会います。
使っている土は同じなのに。
この差は一体何なのかと2つを並べて比較しながらうんうん考えたりしています。

Twitterでとある方が、ちょっとジャンルは違うんですけど、蒸れや根腐れを原因にしてしまうのは良くないという話をされていまして。
もしかして今回のチワワエンシスのバラバラ事件のことも、水をやりすぎた以外にも何か原因があって、実は蒸れや根腐れと呼ばれる現象も薬で抑えられることなのではないか?
という疑問を持ちました。
それに加えて、農業で野菜を育てている方から面白い薬剤の話も教えてもらったので、そちらの方も手に入ったら試してみたいなぁと考えています。
そういえば、いつもお世話になっている方も同じような話をされていたなぁ…と、
今度はこの事象について考える時がきたと感じています。

きっとすぐには答えが出ない話だと思うので、また追々書き留めていこうと思っています(^▽^)楽しみにしていてくださいね!