こんな交配苗もあるよ

こんばんは(*^▽^*)
今日のベランダの最低気温は4.3℃(1:54)
予想最高気温8℃、予想最低気温1℃(Yahoo!天気より)

予報通り、曇って寒い1日になりました。
それでもしばらく寒い日が続いていたので、暖かく感じました。
明日は予想最高気温が19℃の予報になっているこゆき地方。
外で1日中多肉事が出来そうだなと楽しみです(*^▽^*)

今日の多肉事は水やりをし損なった小さな苗に水をちょろちょろとあげました。
普段あまり目が届かないような高さにあるトレーも沢山あるので、そういった所にある苗に水をあげました。

2020年の実生苗。交配式はブルーミニマ×ラウレンシスです。

両親のブルーミニマもラウレンシスも、共に紅葉しやすく子吹きをしながら増えていく苗で、
ブルーミニマは比較的青く色付き、小さく肉厚になって増えていきます。
ラウレンシスは紫色〜ピンク色に色付く苗です。
私自身、ミニマやラウレンシスなどの小さく群生していく苗が好きで、今回ブルーミニマが交配出来るかどうかを試したくて交配しました(*^▽^*)
ミニマより少し大きくて増えやすい苗ができたら良いなと思っています。

自分で実生して育てたカマノイプエブラが少し調子が悪くて様子を見ているんですけど、先日おらいさんから購入したコロラータタパルパ×カマノイプエブラの様子を確認したらとても綺麗に育っていたので紹介します(*^▽^*)

ガーデンメッセでおらいさんの苗が販売された時に購入した苗の1つです(*^▽^*)
(その時のブログと戦利品がこちら
購入してから2ヶ月が経過して、とっても綺麗に紅葉しました。
カマノイプエブラ寄りの濃い紫色のエッジがとても綺麗です。
カマノイプエブラの遺伝子が強すぎるのか、コロラータタパルパの形質はほとんど受け継いでいないような感じがしています。(カマノイプエブラより少し肉厚かな…?)
カマノイプエブラは花芽が出やすい種類なので、今年の春に花芽を出してくれたら良いなと期待しています。
こういう渋い多肉を自分でも作れたら良いなと思っています(*^▽^*)